失敗のリスクを減らす為に情報収集は大切

アパート経営は不就労所得ではありません

先祖から受け継いだ土地で相続対策にアパート経営をされるのは珍しくないことです。大手のデベロッパーさんはどこで情報を知ったのか、そんな地主にピンポイントで営業にやってきます。賃貸物件にしては豪華な建物、長期間の賃料補償、業者にお任せの楽々メンテナンスなど、甘い誘惑についつい乗っかり契約成立というお決まりのパターンです。
アパート経営といえば、憧れの不就労所得と言えます。果たして本当にそうでしょうか。収益率の高いアパート経営となると、建物価格やメンテナンス費用や入居率など慎重に考えなければなりません。建築価格を限界まで抑え、近隣のアパート入居者の傾向を調べて入居率を上げなければ収益は上がりません。日々の掃除やメンテナンスなどアパート管理を業者にお任せしていては大きな経費が掛かってしまいます。
大家さんができることは、自分でやる。これこそが収益を上げるアパート経営のコツです。玄関周りや階段など共有部分の清掃、ゴミ集積場所の管理、家賃の回収など自分でできることはたくさんあります。大家さんが自らアパートの管理をしていることは、賃貸人にとっての安心材料となります。大家さんと賃貸人が日頃から顔を合わせていれば、アパート全体の情報を得ることができ、危機管理につながります。安心安全、収益の高いアパート経営は大家さんの努力のあっての賜物といえるのではないでしょうか。

アパート経営には同じ経営者からの情報も

アパート経営をするにはプロの不動産会社からの情報だけでなく同じアパート経営をしている人からの情報というのも必要になってくるものです。不動産会社はプロですから素人ではわからない用語や知識も教えてくれるようなことがあるでしょう。ですがプロでは悩まないようなことや失敗も、素人のアパート経営者だからしてしまうというようなこともあるものです。ですからそういった素人ならではのミスを犯してしまった時に協力してもらえるように同じように素人のアパート経営者の意見というのも聞けるようにしておくと良いものです。素人ならではの悩みや疑問を共有することもできるものです。また、アパート経営者同士で情報を共有することで、繁盛しているアパートと人気のないアパートの特徴というのも知ることができるものです。経営者同士で情報を共有するということはメリットとデメリットがありますが、一人だけで行っていると経営に行き詰まってしまうようなこともあるので注意です。また、アパート経営も最初から規模を大きくしないようにもしましょう。規模を大きく広げてしまうおとで利益も大きくなりますが、失敗のリスクも多くなってしまうので慎重に行うことが必要です。