家賃収入での収益を上げるには?

アパート経営は経営努力が必要です

アパート経営をする方には大きく分けて2パターンあると思います。1つは家賃収入をしっかりとって不労所得を得たいという考えのもとで不動産投資を行っている人、もう一つは遊ばせている土地をそのままにしておくのはもったいないので有効活用するという意味で小さなアパートを建てると言う人。何においてもアパート経営というのは自らが働くことなく収入を得ることができるとても魅力的な収入源となります。ただイメージではそうですが実際にアパート経営をやってみると意外と大変なことも多いです。まず一つは思っていたよりも部屋が埋まらないということがあります。部屋が満室の状態であれば家賃収入も安定するし大きな収入源となりますが、立地の悪さだったり部屋の広さが立地市場に合っていない場合など思っていたほど契約者が出てこなくて半分も埋まらないような状態になることもありえます。そうなると大きな収入源を得るどころか必要経費の方が上回ってしまうリスクもあります。またアパートの年数が経ってくると家賃を下げないといけなくなったり大きな修理が必要になったり管理維持費もかなりかかってきます。アパート経営は簡単に不労所得を得ることができると考えがちですが、うまく収入を得られないリスクも抱えていることを忘れてはいけません。

アパート経営のメリットと注意点

アパート経営のメリットは、誰でも参入できる気軽さがあります。アパート経営の成功は、オーナーの経験値に左右されるものではありません。初めてのアパート経営でも成功できます。運営自体の方法は、すべてを自分で管理する自主管理の方法や賃貸管理を不動産会社に任せる方法、物件すべてを不動産会社にまかせる方法などがあります。すべてを不動産会社に任せる方法には、入居者の入居の状態・空室の状態にかかわらず、収益を上げることができる方法があります。いったん、経営がスタートしてもほとんど、自分の手を煩わすこともなく、サラリーマンをしながらでも、家賃収入をあげることができます。それぞれの経営方法によって、投資効率が違うので、自分にあった方法を選ぶことが必要です。もちろん、より投資効率をあげるには、立地や物件選びが重要となります。やはり、一番は、空室を作らないことが大切です。もし、長期に空室が出てしまうと、ローンの返済や修繕費用などに影響がでてきてしまいます。資金計画や家賃設定には、注意を払いましよう。運営後のリスクは、火災や地震、入居者どうしのトラブルなどが考えられます。万が一、火災や地震が発生してもローン返済や入居者へのお見舞金などに備えられるような保険に入っておくべきでしょう。また、入居者どうしのトラブルには、すぐに対応できるような管理体制が必要です。ぜひ、アパート経営で成功しましょう。